巨人は何が駄目なのか

一昨日の試合で3位横浜に3連敗し、広島が勝ったために自力優勝が前半戦でもはやなくなってしまいました。今年開幕当時は広島とともに優勝候補の筆頭候補とされていた中これほどまでに悪い状態というのを想像していなかった人も結構多いのではないでしょうか?

わたし自身、広島がこれほど活躍するとは思っていなかった点は別にしても、Aクラスになる力は十分にあると思っていましたので、5位で苦しむという姿は想像していませんでした。中継ぎの不安はあったものの先発はセリーグでもトップクラスに良い投手が3枚、4枚とおりますし、打者についてもベテランが多い中で他のチームと比べてでは戦力に足りないかといえばそうではないとわたしは思っています。

現に、横浜との3連戦では横浜打線の爆発があったものの、2試合目、3試合目は8安打と1試合の安打数としては平均レベルには打っていますし、レギュラーメンバーを見ても復調しつつある長野選手に、坂本、マギー、陽岱鋼は他のチームに比較して悪い選手ではありません。貧打で困っているというのであれば、現在はむしろベテラン頼みだった今シーズンでそのベテランが疲れだした現状にある阪神の方がむしろ困っているといってもいいのではないでしょうか?

FAで取得した選手をみても、確かに森福選手は活躍が厳しい状態ですが、怪我から復帰後の陽岱鋼、山口投手は現状ではそれなりの活躍はしているといえます。山口投手は横浜にやられてしまいましたが。

では、なぜ巨人はこうなったのか?

それは一つに監督とコーチ、首脳陣の影響が一つ大きなところだと言えます。今年のキャンプで巨人が暗かったという印象を残したOBは多くいた様ですが、実際巨人は他のチーム比べて暗いチームとなっています。広島はイケイケの明るいチームですし、和田監督から金本監督に変更して阪神が一番変わったのは若手を起用することではなく、広島に似た積極性と明るさです。横浜も中畑監督からラミレス監督への継投の中で、TBS時代にあった盛り上がらない雰囲気というのはもはや見えなくなっています。

正直、横浜で行けば、今は若手起用で明るいチームで上位にも進出できる様になりましたが、では暗黒時代とも呼ばれた2000年代それほどまでに戦力が全く足りてなかったのか?といえば、そうではなく、単純にチームの士気が低かったという点も大きな気がします。今の巨人はまさにそれですね。

他の下位チームをみてみれば、まだまだ若手への切り替え時期で京田と外国人で徐に調子を戻し始めている中日に怪我人続出のヤクルトですが、こちらについては、戦力的には巨人は明らかに上位です。ヤクルトはもはや主力が皆といって良いほど怪我人ばかりで、15軍から2軍に近い戦力ですし、中日もまだまだ過渡期で巨人より戦力が優れているといえる状態ではありません。正直セリーグで巨人より戦力が勝るといっていいのは、広島くらいです。その広島も先発力では巨人にかないませんが。

こういう暗い、おとなしいチームになったのが今の巨人の弱さの理由だとわたしは考えています。また、選手と監督がコミュニケーションをきちんとできているか、という点も気になりますね。原監督時代も明るいチームではありませんでしたが、原監督による強い意志というのが見て取れ、選手もその意図を汲んでいた様に思えます。

その代表的な例が昨年引退をした鈴木選手ですね。原監督時代はものすごい脅威を感じさせた選手で、ここぞという場面みている側でも使うぞというところで使われ、結果を出していました。数値的な問題だけではなく、鈴木選手の怖さが一番怖い場面で使っていたという印象があります。巨人はもともと走れない選手が多い中で、代走での鈴木というのはそれだけ怖かったのですが、それがなかったというわけです。そして、その場面に盛り上がり、見せ場がありました。原監督は見せ場の作り方については非常に優れた監督だったと思います。

暗く、意思疎通が出来ていない風に感じる中で、また、その采配そのモノにも疑問があります。例えば、横浜のラミレス監督は8番投手9番倉本というそれまでにない戦術を現在用いています。結果として勝率はそちらの方が高かったわけですが、意図とすれば、戦力が十分でない横浜の中でどう打点をとるかということに対して強い意図感じるものとなりました。つまり、打点が上げられるのは、桑原、梶谷、ロペス、筒香、宮崎、戸柱までと割り切っているのです。そう割り切った場合、戸柱選手が駄目だった以降に倉本選手をすぐにおいたところで、単独の出塁があってもその後に続きません。横浜の場合小技が苦手であるため尚更です。それよりは、9番において次の起点として考えた方がいいという構想の元に9番倉本となったのではないでしょうか?そして、それを結果がでない時でも辛抱強く続けました。

一方で巨人は打線は変われでも、なぜ変わったのか意図がわからず、また、勝つための打線、勝つためのレギュラーかといわれれば疑問があります。

長野選手を辛抱して使い続けた点は素晴らしいですが、逆にこれは他の選手が外野はいないというのもあります。2塁と外野の固定に苦しんでいましたが、それならば亀井をもっと使えば良いですし、片岡選手がいないのはイタいですが、中井辺りを使うのであれば、ベテランも固定してしまえばいいわけです。また、若手の起用についても、中途半端に立岡選手などを使うのであれば、他がいるだろうという気もしないではないですね。

この若手が伸びないというのも巨人の課題の一つです。このことで、しばしばドラフトが悪いということになったりしますが、正直巨人のドラフトに疑問があるのは確かですが、それ以上に伸びる環境にあるか、というのはそもそもの巨人の根本的な体質的課題で、これは改善することができません。

まぁ、理由は簡単で巨人というチームがそれをゆるさないだけのブランドと地位を築いているからです。例えば、日本ハムに移籍した大田選手についてですが、日本ハムでのびのびとできていることももちろん現在の結果の理由の一つだと思います。しかし、それ以上に理由としてあるのはチームとして我慢して使うことが許されるか?という点です。

この点、上記にあった長野選手の様に過去に素晴らしい結果を出している選手ですら、あれほど叩かれていたのです。若手であれば、よけい叩かれ、またそれは若手へのプレッシャーになり、悪循環に陥り、長い間使うということが許されなくなります。

巨人は上位で勝ち続けることがそもそもの使命とされているからですね。他のチームより年俸が多いからある意味では当然です。SBもこれほどのふがいない状態になればおそらく大いに叩かれるのではないでしょうか?昨年2位になった事すら監督無能という声も出てくるくらいですから。その上で、戦力として巨人は他のチームほどベンチが薄いというわけではありません。先ほどもあげた様に亀井選手がベンチにいたりするわけです。その中で、若手の大田を使い続けるという結論に果たしてなるか、といえばそれは難しいですね。

一方で、日本ハムは今年、大田選手を我慢して使い続けたといいますが、あの当時大田選手の他にむしろ使う選手がどれほどいたか?という点でも疑問があります。昨年より戦力が劣る中で、中田選手も不調という中で、使い続けるのはむしろこのチーム事情の違いも大きくあるわけです。

つまり、若手を使い続けるためには、使い続けるだけの余裕があるか、使い続けなければいけないほど戦力がないか、よほどの監督の意志がある場合か、というわけです。

この一番始めのものはSBなどでは可能かもしれません。というより他では難しいでしょう。2番目は先ほどもあげた日本ハムはそうですね。2番目と3番目どちらもからむとすれば、横浜ラミレス監督がずっと桑原、倉本選手を使い続けたことなどになるのかもしれません。しかし、現状の巨人は、戦力は優れているけれども、余裕があるほどではなく、そのため、突発的に、例えば、坂本選手や長野選手の様に1軍で始めから活躍できる選手でもなければ若手に任せるのは難しいとなるわけです。となると、当然ドラフト云ではなく、その厚みとプレッシャーを突き抜けるだけのごく一部の選手しか難しく、そうでないのであれば、巨人のドラフトが良いか悪いか云以前に、ぶち破って活躍するのは難しい状況だと言うことです。

もちろん、その背景には一つFAの話もあるでしょう。FAやトレード獲得の選手は優先的に使われるのはそれだけ欲しがっているということの意味合いですから、それを干すというのはそれ相応の結果がなければ難しいからです。

しかし、この育成環境については、正直巨人の体質でありもう変えるのはよほど難しい話でしょう。チーム事情が最下位3年でもいいから、若手重視にしてくれということを許してくれるでしょうか?金本監督は阪神においてそれだけの強い意志の元の育成を決断したそうですが、巨人ではおそらくそれは難しいでしょう。そうすると、ドラフトで取る選手も即戦力、少なくとも3年以内に即レギュラー候補で活躍するようなスーパースター以外の活躍というのは難しく、そのレベルのドラフトを願うというのはかなり難易度の高いモノとなってしまいます。横浜や日本ハム、広島が若手が出てきたといわれますが、それらのチームはお金も潤沢ではなく、チーム事情として若手も積極的に育成しなければいけない事情であり、そしてそれを許す土俵があります。そもそもの土俵が巨人と広島が違い、その二つで若手が出てくるどうのを単純比較するのはそもそも無理なのです。

先に高橋監督による雰囲気、チームのムードや意思伝達、采配が良くない旨を記述しましたが、そういたった原因もまた、このチームながらの理由があるでしょうね。そもそも、高橋監督はあの時点で引退する予定はなく、野球賭博という中での交代劇だったというのが現状です。そして、その中で高橋監督以外にまともな候補者もいなかったのでしょう。これは巨人の監督に対しての伝統があるからです。

その中で、暗いムードといいますが、そもそも高橋監督として明るいチームを目指すことが可能だったか?といえば難しかったと思います。問題が発覚後、賭博問題はスポーツ界で話題となり、バドミントンでは桃田賢斗選手による賭博問題が、発覚したのがシーズンイン前後でしょうか?ここでまた賭博問題が注目されることとなります。

その流れにおいて、チームとして深く反省している、紳士的である行動をしめさなければいけなかったのが巨人といえます。高橋監督が静かで動かない監督であるのは、高橋監督の個性や原監督からの流れもあるのかもしれませんが、この辺りのチーム事情もあるわけです。積極的でイケイケなプレーをするのが不謹慎とはいいませんが、不謹慎といって叩いてくる人も時期が時期なだけにいるでしょう。その時期においてそういうことは自粛するべき、という判断になっても仕方がないわけですが、では、一度チームの土台を作る段階でそういうムードになった場合、それを立て直すことができるか、といえばそれも難しいということになります。

その意味合いにおいて高橋監督は被害者であるという側面がむしろ非常に強いですね。そうでなくても、巨人は上からの圧力が強く我を通すのが難しいという中で、こういう状況で就任してしまえばなおさらのことというわけです。(噂によればカミネロを落としてクルーズをあげるなどという狂気の沙汰は上からの圧力だったそうですし。)よって、こういう状態でないときに就任していたらどうなったかというのは見てみたかった気もします。

(まぁ、こういってしまえば、ぶっちゃけ今までの伝統と上にいる人たちが悪いという結論にもなってしまいそうですが。)

このような理由を考えれば、単純に戦力が劣るわけではない巨人が立て直すにはまず風穴を開けてチームの空気を良くすることが必要となります。そうなると、今シーズン中というのは難しく、高橋監督や今のコーチ陣をある程度生贄にする形で、来シーズン以降に期待となるのではないでしょうか?